教員一覧1ページ目-熱中通販|熱中小学校の先生お勧め商品・生徒の独自開発商品の販売サイト

校長

    高岡熱中寺子屋:前田 一樹

  • 高岡熱中寺子屋:前田 一樹 高岡熱中寺子屋:前田 一樹のFacebook 高岡熱中寺子屋:前田 一樹のカリキュラム

    高岡熱中寺子屋:前田 一樹

    富山大学芸術文化部名誉教授
    1971年 武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業
    (株)前田デザインアソシエーツ代表取締役社長を経て、2001年高岡短期大学教授。
    2004年学長補佐兼務。2005年10月富山大学芸術文化学部長。2009年4月富山大学
    評議員。2009年高岡市総合計画部会長。2010年砺波市総合計画委員長、観光戦略
    会議議長。2011年北日本放送番組審議委員。

    高岡熱中寺子屋:前田 一樹のFacebook 高岡熱中寺子屋:前田 一樹のカリキュラム

  • 高畠熱中小学校:重松 大輔

  • 高畠熱中小学校:重松 大輔 高畠熱中小学校:重松 大輔のFacebook 高畠熱中小学校:重松 大輔のカリキュラム

    高畠熱中小学校:重松 大輔

    千葉東高校、早稲田大学法学部卒。2000年NTT東日本入社。2006年株式会社フォトクリエイトに参画。
    一貫して新規事業、広報、採用に従事。
    国内外企業とのアライアンス実績多数。
    2013年7月東証マザーズ上場を経験。
    2014年1月、株式会社スペースマーケットを創業。
    IVS Launchpad 2014 spring準優勝、B dash campピッチアリーナ2014優勝、Rising Expo 2014優勝等。

    ここ山形の地に集まりし、志高い俊英の皆様と、未来のニッポンについて語りあい、切磋琢磨しあえるこの素晴らしき偶然という必然に感謝致します!ここから日本を面白くしていきましょう!!

    高畠熱中小学校:重松 大輔のFacebook 高畠熱中小学校:重松 大輔のカリキュラム

  • 會津熱中塾:宗像 精

  • 會津熱中塾:宗像 精 會津熱中塾:宗像 精のカリキュラム

    會津熱中塾:宗像 精

    會津藩校日新館館長
    元会津若松市率第一中学校校長
    元会津若松市教育委員会教育長
    「あいづっこ宣言」策定委員会座長

    會津熱中塾:宗像 精のカリキュラム

  • 會津熱中塾:新城 基行

  • 會津熱中塾:新城 基行 會津熱中塾:新城 基行のカリキュラム

    會津熱中塾:新城 基行

    會津熱中塾 塾長

    會津熱中塾:新城 基行のカリキュラム

  • 八丈島熱中小学校:岸田 徹

  • 八丈島熱中小学校:岸田 徹 八丈島熱中小学校:岸田 徹のカリキュラム

    八丈島熱中小学校:岸田 徹

    八丈島熱中小学校 校長

    株式会社ネットラーニング代表取締役
    1942年 東京生まれ。1966年 東京大学経済学部卒業
    1973年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了
    1991年 出版社などを経て、セコム入社。新事業開発室長
    1998年1月12日 (株)ネットラーニング設立、代表取締役社長に就任

    八丈島熱中小学校:岸田 徹のカリキュラム

  • 十勝さらべつ熱中小学校:山井 太

  • 十勝さらべつ熱中小学校:山井 太 十勝さらべつ熱中小学校:山井 太のFacebook 十勝さらべつ熱中小学校:山井 太のカリキュラム

    十勝さらべつ熱中小学校:山井 太

    十勝さらべつ熱中小学校校長:山井 太

    株式会社スノーピーク代表取締役社長
    明治大学商学部卒業。外資系商社リーベルマン・ウェルシュリー & Co.,SA勤務を経て、1986年、父の故・山井幸雄氏が創業した株式会社ヤマコウ(現・株式会社スノーピーク)に入社。アウトドア用品の開発に着手し、現在のオートキャンプスタイルを生み出した。1996年、代表取締役社長就任と同時に社名を株式会社スノーピークに変更。著書に『「好きなことだけ!」を仕事にする経営』(日経BP社, 2014年)

    十勝さらべつ熱中小学校:山井 太のFacebook 十勝さらべつ熱中小学校:山井 太のカリキュラム

  • とくしま上板熱中小学校:丸山 力

  • とくしま上板熱中小学校:丸山 力 とくしま上板熱中小学校:丸山 力のカリキュラム

    とくしま上板熱中小学校:丸山 力

    とくしま上板熱中小学校 校長

    1971年3月、東京大学大学院機械工学専門課程修了。
    同年4月、日本IBM入社、通信端末、パソコンの設計・開発を担当、
    アジア太平洋地区のパソコン等のビジネスマネジメントディレクター、IBMの液晶事業部長、日本IBMの開発・製造担当副社長を歴任。
    現在、徳島県最高情報統括監、(株)日本マイクロニクス、及び(株)アイ・オー・データ機器の社外取締役を務める

    とくしま上板熱中小学校:丸山 力のカリキュラム

  • こばやし熱中小学校:原田 英男

  • こばやし熱中小学校:原田 英男 こばやし熱中小学校:原田 英男のカリキュラム

    こばやし熱中小学校:原田 英男

    こばやし熱中小学校 校長

    元農林水産省畜産部長、現一般社団法人畜産環境整備機構理事。
    1956年、東京都生まれ。北海道に憧れて北海道大学入学。農学部農学科卒。1980年農林水産省入省。畜産畑を中心に転々とする。牛肉自由化、BSE、口蹄疫、鳥インフルエンザ、原発事故など様々な災厄を経験し、今日に至る。宮崎での口蹄疫以降、実名でツイッターで情報発信。今や絶滅危惧種となった「ツイッター官僚」の生き残り。東京電力福島原発事故後の風評被害等に対応して、「霞ヶ関有志の会」や「ガイガーカウンターミーティング」等で活動。日本のチーズと畜産物、ワインをこよなく愛し、勝手に宣伝活動を行う。

    こばやし熱中小学校:原田 英男のカリキュラム

  • 大久保 昇

  • :大久保 昇 :大久保 昇のFacebook

    大久保 昇

    熱中小学校 東京分校 校長 / 理科

    株式会社内田洋行代表取締役社長並びに内田洋行教育総合研究所顧問。また公益社団法人日本理科教育振興協会会長(1964年小学校から高校までの理科教育の発展を推進する目的で設立された団体)等の教育関係団体の役職を兼務。小学校の時は科学部、その後は理科、社会と興味が分散拡大し、工学部金属系学科在学中は主に人生について考える。考えがまとまらないまま社会人となり、今もって考え中です。熱中学校では、小学生が二番目に好きな教科である理科の担当を希望。楽しく体験しながら考える実験観察をして見ましょう。

    :大久保 昇のFacebook

教頭

    高畠熱中小学校:玉川 憲

  • 高畠熱中小学校:玉川 憲 高畠熱中小学校:玉川 憲のFacebook 高畠熱中小学校:玉川 憲のカリキュラム

    高畠熱中小学校:玉川 憲

    高畠熱中小学校教頭

    元AWSエバンジェリスト
    日本IBM基礎研究所でウェアラブルコンピュータの研究開発に従事。
    その後、ソフトウェア事業部にてソフトウェア開発プロセスの講師、コンサルティング、マネージメント等を歴任。
    2010年にアマゾンデータサービスジャパンに入社し、日本のAWSクラウド事業立ち上げチームとして指揮。
    AWS技術統括を2015年春に卒業。
    東京大学工学系大学院機械情報工学科修了。
    米国カーネギーメロン大学MBA(経営学修士)修了、同大学MSE(ソフトウェア工学修士)修了。

    一番若い教員ということで教頭をやらせていただいておりますが、私も皆さんと一緒に素晴らしい環境で勉強することを楽しみにしています。情熱を身にまとい夢を生きます!

    高畠熱中小学校:玉川 憲のFacebook 高畠熱中小学校:玉川 憲のカリキュラム

  • 會津熱中塾:金親 丈史

  • 會津熱中塾:金親 丈史 會津熱中塾:金親 丈史のカリキュラム

    會津熱中塾:金親 丈史

    會津熱中塾
    教頭

    會津熱中塾:金親 丈史のカリキュラム

  • 會津熱中塾:前田 論志

  • 會津熱中塾:前田 論志 會津熱中塾:前田 論志のカリキュラム

    會津熱中塾:前田 論志

    會津熱中塾
    教頭

    會津熱中塾:前田 論志のカリキュラム

  • 十勝さらべつ熱中小学校:長澤 秀行

  • 十勝さらべつ熱中小学校:長澤 秀行 十勝さらべつ熱中小学校:長澤 秀行のカリキュラム

    十勝さらべつ熱中小学校:長澤 秀行

    十勝さらべつ熱中小学校 教頭

    公益財団法人とかち財団理事長、前帯広畜産大学長、JICA地域連携アドバイザー医学博士、獣医学修士。専門は、原虫学、免疫学。
    78年帯広畜産大学畜産学部、80年同大学大学院畜産学研究科修士課程。84年徳島大学大学院医学研究科博士課程、修了後、医学部助手。91年同学部講師、93年同学部助教授を経て、95年帯広畜産大学原虫病分子免疫研究センター教授に着任。2001年同大学原虫病研究センター長を経て、02年同大学副学長に就任。04年国立大学法人帯広畜産大学理事を務め、08年同大学学長に就任。15年同大学名誉教授授与。

    十勝さらべつ熱中小学校:長澤 秀行のカリキュラム

  • とくしま上板熱中小学校:近藤 紳一郎

  • とくしま上板熱中小学校:近藤 紳一郎 とくしま上板熱中小学校:近藤 紳一郎のカリキュラム

    とくしま上板熱中小学校:近藤 紳一郎

    とくしま上板熱中小学校 教頭

    株式会社スタン代表取締役
    1972年 慶応大学経済学部卒業 大塚製薬グループ入社。
    1977年 1918年創業の燃料商社である家業の 株式会社スタン入社。
    1982年 日本IBM 13番目の特約店であるスタンシステム株式会社設立。
    現在スタングループ8社の代表。
    2006年から8年間 徳島経済同友会代表幹事を務める。

    とくしま上板熱中小学校:近藤 紳一郎のカリキュラム

  • こばやし熱中小学校:根岸 裕孝

  • こばやし熱中小学校:根岸 裕孝 こばやし熱中小学校:根岸 裕孝のFacebook こばやし熱中小学校:根岸 裕孝のカリキュラム

    こばやし熱中小学校:根岸 裕孝

    宮崎こばやし熱中小学校 教頭

    宮崎大学准教授1966年生まれ栃木県出身。
    1992年九州大学大学院経済学研究科修士課程修了。
    (財)日本立地センター研究員を経て2001年宮崎大学教育文化学部講師。助教授を経て准教授。2016年4月に地域資源創成学部に配置換。地域経済および地域経営を専門としており、まちづくりや市民活動と行政との協働についても関心を持っている。地域の活性化について経済/経営の視点から考え、現場に出て地域の皆さんとともに考え提言し実践する活動に取り組んできた。地域資源創成学部の設置に伴い、地域を担う人材育成に関する研究に取り組み始めた。趣味は、座禅と滝行、居酒屋探訪である。また稲盛和夫や中村天風の関連書籍を読むことも日課としている。

    こばやし熱中小学校:根岸 裕孝のFacebook こばやし熱中小学校:根岸 裕孝のカリキュラム

  • 澁谷 哲一

  • :澁谷 哲一

    澁谷 哲一

    熱中小学校 東京分校 教頭

    東洋大学経済学部卒業 、学生時代からバレーボールを始めインターハイや国体での優勝経験あり。1969年 東武信用金庫(現在の東京東信用金庫)に入庫、バレーボール部に所属し、全日本産業人バレーボール大会(9人制)で全国制覇。2011年 東京東信用金庫理事長に就任、2016年会長に就任。「夢を夢で終わらせない信用金庫」をスローガンに掲げ、産学官金連携・地域活性化推進に取り組んでいる。全国信用金庫協会経営対策委員長、東京都信用金庫協会副会長、(株)しんきんキャリアサービス代表取締役など多数の外部役職に就いている。


国語

    古森 剛

  • :古森 剛 :古森 剛のFacebook

    古森 剛

    マーサー ジャパン株式会社シニア・フェロー
    一般社団法人はなそう基金 代表理事
    日本生命、マッキンゼーを経て米系組織人事コンサルティング会社のマーサーに勤務。
    同社日本代表、ファーイースト地区(日・韓)代表等の経営職を歴任の後、2014年秋より株式会社CORESCOを創業。
    組織人事分野を軸とした経営アドバイザリー、リーダーシップ開発、英語環境での高難度ファシリテーション等に強みを持つ。
    東北被災地の復興を国際交流促進により応援する一般社団法人はなそう基金の代表理事。
    一橋大学社会学部、ペンシルバニア大学ウォートン校(MBA)卒業。
    国語担当ですが,英語音読法に関する出版、東北被災地での英語音読会の実施等様々な実体験をいかしつつ、実践的で体育的な英語音読法を核にしたユニークな講座にしてまいります。

    :古森 剛のFacebook

  • 樋口 隆

  • :樋口 隆

    樋口 隆

    浜田広介記念館長(高畠町出身の童話作家浜田広介、代表作「泣いた赤鬼」)1950年山形県高畠町生まれ。
    1973年より山形県立高校の国語教諭として教鞭をとる。東日本大震災直後の2011年3月末に定年退職。
    「ひろすけ童話賞ー児童感想文部門ー」審査に関わる縁で同年6月より現職。
    広介の母校(高畠町立屋代小学校~山形県立米沢興譲館高校)に学び、広介作詞の校歌を掲げる母校の教壇にも立つ。
    テキスト更訂の軌跡から広介文学を考察した「浜田広介と『泣いた赤鬼』の形成」、「『ドコマデモ』考」などの論考を記した。


  • 苅谷 夏子

  • :苅谷 夏子 :苅谷 夏子のFacebook

    苅谷 夏子

    1956年東京生まれ。
    大田区立石川台中学校で、単元学習で知られる国語教師・大村はまに学ぶ。
    大村の晩年には傍らでその仕事を手伝い、大村の没後も、大村はま記念国語教育の会事務局長として、大村はまの仕事に学び、継承しようとする活動に携わっている。
    著書に『評伝 大村はま』(小学館)『教えることの復権』(大村はま、苅谷剛彦との共著 筑摩新書)『大村はま優劣のかなたに』(筑摩書房)など。
    東京大学国文科卒

    :苅谷 夏子のFacebook

  • 坂田 千代子

  • :坂田 千代子

    坂田 千代子

    1959年、徳島市生まれ。
    1983年、創刊2年目の地元タウン誌あわわに入社し編集者・カメラマンとして働く。
    2003年、あわわ社長。
    2012年、あわわ会長就任と同時にアニバ出版を起業。
    自分史や記念誌出版を中心に、自費出版の事業を展開する。
    ミッションは「ひとつの人生に、一冊の本を」。人々の人生を一冊の本にしている。熱中小学校では、実際に簡単な「自分史」を作ってもらう予定。老若男女が、自分の振り返りを楽しめる。著書に『阿波おんな元気語録』。